上村洋平Trio

アーティスト情報

■上村洋平

ギタリスト。東京都日野市出身。
ピアニストの母親の影響でクラシックを聴いて育ち、後にギターを手にする。
pat metheny、wes montgomeryを聴いてジャズに傾倒、日本を代表するジャズギタリストの潮先郁夫氏にジャズギターの基礎を学び、その後さらなる向上の為に東海林由孝氏に師事。
20代中頃に渡米し、N.Yでセッションを重ねる。swing~modern jazz,latin,funk,fusion,rock,pops,映画音楽など幅広く演奏。特に60年代~80年代位の音楽を好む。
現在は都内や関東圏内を中心に、自己のトリオ、カルテットを基本に、ジャズライブハウス、カフェやレストランでの演奏、バンドサポートや、ギター講師としても活動。
2017年3月にはトランペットの高澤綾とHino Jazz Projectを起ち上げ、TVや新聞等のメディアにも取り上げられている。
同じく2017年にはNYにてライブツアーも経験し、演奏の幅を拡げている。cool&hotを信条に、優しくメロディアスなギターを志す。

2019年10月、Finlandと日本の国交樹立100周年を記念したFinlandのSavonrinnaでのイベントにて、Teemu Takanen(as)率いるSavonrina Bigband から、日本人ギタリスト・ソリストとして招聘される。

■ 横原由梨子
静岡県浜松市出身のサックスプレイヤー。中学校の吹奏楽部をきっかけにサックスをはじめる。
全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員賞受賞。
平成22年度、日演連推薦/新人演奏会オーディションに合格し、名古屋フィルハーモニー交響楽団とJ.イベールの室内小協奏曲を共演する。2015年、16年と単身ニューヨークに渡り研鑽を積む。
大学卒業後に訪れたジャズクラブでジャズに出会い現在は中部、関東地区などのジャズクラブを中心に演奏活動をおこなう。後進の指導にあたりながら、ジャズや演歌など様々なレコーディングに参加。

■ 森田哲生

エレキベース、コントラバス奏者、作編曲家。

エレキベースを、Lincoln Goines(リンカーン・ゴーインス)氏、Weather Report2代目ベーシストのAlphonso Johnson(アルフォンソ・ジョンソン)氏、黒石昇氏などに、
コントラバス を、Ron Carter(ロン・カーター)氏、Gerald Cannon(ジェラルドキャノン)氏、Charnett Moffett(チャーネット・モフェット)氏、鈴木淳氏などに師事。
また、音楽の真髄、ジャズへの研鑽を、国内スーパーギターリストの、岩谷耕資郎氏に師事。
現在は、都内を中心にジャズ、フュージョン、ポップス、R&B、ファンク、ラテン、アフリカンなど、幅広い音楽で、ライブ、レコーディングで活躍中。
共演歴、Eric Miyashiro氏、岩谷耕資郎氏、Michael Davis氏、Trevor Mires氏(Incognito)、Jim Butler氏、Dennis Lambert氏、池田雅明氏、堂本雅樹氏など他多数。

ニューヨークにも渡米し、国内での経験の他、ニューヨークでの、学習、演奏経験から、後身の指導にも励んでいる。
経験から、誰もが音楽を本質的に習得する事が出来ると考え、レッスンにて実践している。
更に、ジャズが大好きで、ジャズはいろんな音楽を習得した者のみが体得出来る音楽と言う考えを好まず、ジャズをより身近に演奏出来る指導も生み出し、これまでに何人ものプレーヤーを輩出している。

出演予定:5月2日(日)
18:00~ 南口ロータリーステージ①

コメント

タイトルとURLをコピーしました